カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2プロフ
画像をクリックすると詳細なプロフィールがご覧いただけます。
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
ブロとも一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【カウントダウン編】ダマセンライブ@倉敷チボリ公園

タイトル長いな・・・(笑)

ってことで、早速行ってみましょう。。
思い出せるかな・・(これから思い出すつもり)

セットリスト
テーマ1
B専門
I am superstar
Oh Yes
三番目の女
Vampire(岡山ックスVersion)
Feel Funk More
テーマ4

つか、これだけだっけ??いつも6曲(テーマとOh Yes除いて)なんだけど、まぁ、公録もやってくれてるからこれだけなんだろうか・・。
「これもやったよ」っていう曲ありましたら教えてください。
それと、三番目の女とVampireが逆かも。


衣装は公録編と同じでした。
テーマ1でコダマックスがコートを脱いで後ろのドラムセットの所に置いて歌っていました。

I am superstarのギターソロを至近距離で見れて何だか嬉しかったです。
あんなに寒かったのに、よくそんなに指が動くわ・・・と思いながら、松島さん(の指)見てました(笑)
相当前、Blogの方には書いた事があったんですけど、私って元々ギターの音が好きなんですよね・・でも、ダマセンの場合、耳ってどうしてもホーンに行っちゃうんですよね・・。
でも、よくよくじっくり聴いてみると、ギターの音もめっちゃカッコいいし、ベースもスラップしてる(よね??スラップの音っぽい感じがするんですけど・・違ったらゴメンなさい)のに音がぶれないし凄いなって思うんですよ。はい。
ダマセンの場合、弦楽器とドラムは楽曲の芯を支えてる感があります。
ちょっと「縁の下の力持ち」のような役割ですが、なくてはならない大切な音だと思います。
ホーンもそうだけど、ダマセンの曲はライブでも安定した演奏が聴けるので、安心して聴けるから、いいですね。
(何だか、久しぶりにこう言う感想書いたな・・あはは、恥かしい)

B専門では、いつもの如く、コダマックスはお客さんに握手を求めていましたね。
途中、子供ちゃんが私の前に入ってきたから、「あ、きっと握手して欲しいんだな」と思い、ひょいっと持ち上げて「握手したって!!!」と必死にコダマックスにアピールしてみましたが、結局気付いてもらえず、子供ちゃんが握手してもらうことはありませんでした・・残念
まぁ、あれだけ人がいたらなかなか気付かないですよね・・
でも、ステージよく見えたんじゃないかな、その子供ちゃん。

その子供ちゃんも笑顔でしたよ。


Vampireですが、前奏が長くなってました。
「オペラ座の怪人」のようなスケール大きいオーケストラのサウンド。
これからVampireが出てくるぞ!って言うような気分が高まるサウンドでした。
この時だけコダマックスはコートを着て、Vampireになってました。
間奏でのコダマックスのフェイクが神がかってました・・。凄かった。
思わず無心に聞き入ってしまいました。。

Feel Funk Moreでは、途中コダマックスが言葉つまってた気がします。
歌ってる時ではないんですけど、多分、ご本人が日記で書いていらっしゃる所【ミラーボールの雨の中に見た】の所?
参照URL(って勝手に貼っちゃっていいのか?/笑)
http://blog.livedoor.jp/sexykodamax/archives/51231679.html
いや、違うと思う。
確か、みんなで歌う所でだと思うんだけど、「すげっ!!!」って言った時、微妙に言葉詰まらせてたような気がします。
後ろ向いちゃったからわかんないけど・・(笑)

でも、本っ当~~~に、たくさんの人が「夢~から~覚めぬまま~君と感じたいよFUNK~」って歌ってたんです。
一人凄い勢いで音外して歌ってたお兄ちゃん居たけど・・(笑)
でも、公録の時の一時のドン引きは何処へやら?って思うぐらい一体感があったんじゃないかな。

最後の方、コダマックスの鼻が赤くなってたり(ああ、相当寒かったんだろうな・・・。)もしてましたが、素敵なパフォーマンスを見せ付けてくれました。
楽しそうにお客さんに向かって「いぇーーーい」とピースをしていたところがすごく印象的でした。
あと、「ここにいるみんな全員ブラザーだよ!人類みんな友達!」みたいな事も言ってたと思います。
「みんなハッピーにしてやる!」とかも言ってたと思います。
あと、「全国のコダマさんの中で一番マックスな状態なのでコダマックスです」など話していらっしゃったはず。


これで、また、ダマセンのファンが増えることでしょう。
コミュニティの人数が増える度にほくそ笑んでるコダマニアがここに一人おります(笑)
もう、どんどん増殖しちゃいましょう。
みんなハッピーになっちゃいましょう♪

きっと、ダマセンならこの世の中変えてくれるはず!

私も去年でリミッター外しちゃったので(笑)
陰ながら、全力で応援しちゃいます。


あ、これ、私事で申し訳ないんですが・・松島さんのピック飛んできたんです!!!
耳に当たって、何処に落ちたか分からない・・
メンバーさんたちがはけてから必死に探したんですが、結局隣の方が見つけ、その方が持って帰られました・・・。
ちょっと見せてもらったんですけど、赤いピックでした。
うぅーーーー残念でした・・・私。。(トロいから仕方ないよな・・・)





はい、さてさて・・・
こんな感じで素敵なライブは終わっていきました。
少しでも笑顔のおすそ分けできましたでしょうか??


ライブレポはこれにておしまいです。











が、以下、、敢えて苦言書きます。

レポを楽しみに来て頂いてる方、特に倉敷にこれなかった方は、楽しい気分だけで帰っていただきたいので、どうか、以下は読まずにお帰り下さい。
楽しかった!だけでいいと思うんです。
だから、楽しい気分のまま引き返してください。お願いします。


多少ブルーになってもいい人だけお読み下さい。
























いいですか?
お願いしましたよ・・・。
楽しい気分のまま帰りたい方は絶対読まないで。



















行きますよ。


エンターテインメントの世界での話です。

100-1

これの答え何だと思います?













ヒント。
単位はパーセント。



















どうですか?
分かりました?



















もう一つヒント。
数値は、人の感情。

















もうお分かりでしょうか。



人の感情、その日に「楽しい」が100あったとしましょう。
そのうちの1でも「不快なこと」があると、
「楽しい」という感情が「0(ゼロ)」になってしまうんです。

だから、このエンターテインメントの世界での
100-1

0(ゼロ)なんです。

99じゃないんです。

この話、某テーマパークの研修で教えてもらったんですけど、全く持ってそのとおりだと思います。
嫌な思いを少しでもしてしまったらそれで気持ちは「楽しかった」から、「楽しくなかった」に変わってしまいます。

ライブは最高でした。本当に。
でもね・・あの日のマネージャーさん、ちょっと怖かったよ・・・
アーティストも動かさないとダメだし、ファンの要望も聞かなきゃなんない。現地のスタッフとも調整しなきゃいけないし、凄い大変な仕事だって事は分かってるんですけど・・
やっぱり、エンタメ系のバンドと銘打ってるんであれば、バンドだけでなく、スタッフもそうであって欲しいなって思うんです。
大変なのは分かります。人を一人動かすことがどれだけ大変なのか、今、仕事で中間管理職のような仕事してるから多少なりとも理解してるつもりです。

でも、ちょっとファンに対する対応キツ過ぎじゃないですか?
もう少し、言葉考えて対応して欲しいな・・って思いました。

もちろん、こちらにも否はあります。
アワアワしてて、「どっちやねん!ハッキリせんかい!」って言いたくなるような態度取っちゃいました。
そりゃあ、イラっと来るでしょう・・。
でも、それであんな対応されると、更にビビってどうして良いかわかんなくなっちゃうんですよ、、特に私の場合。


今後、もっとファンが増えていく訳ですよね?
そろそろ倍々ゲームになってきそうな勢いを感じますよ。
ファンが増えるって事は、その分アーティストのスタッフさんはファン対応に追われる訳ですし、今以上に非常識なファン、マナー違反のファンも絶対増えます。これは断言できます。
間違いなくスタッフさんの負担は増大します。

現にどっかり急激にファンが増えたアーティストのライブに行くと、目を疑うような事をするファンを頻繁に見かけます。
そんな人の対応をしたあと、すっと心を切り替えて他の良識あるファンに誠意ある対応できますか?
良識があるファンが嫌な思いせずに家路についてもらえる自信ありますか?
これは、もちろん、スタッフさんだけでなく、アーティスト側にも言えることです。
一度、その辺考えていただきたいな・・と思って、敢えて書かせてもらいました。

若輩者の新参ファンが偉そうな口叩いて申し訳ないです。
でも、これからもずっとダマセンの事応援して行きたいし、「アーティストもスタッフも素晴らしいね!」ってたくさんの方に思ってもらいたいんです。
そう思ってもらうことによって、更にファンが増える、相乗効果があるはずです。
ファンを増やすだけでなく、アーティストも、スタッフも今いるファンも一緒に成長して行きませんか。
その成長がきっと、ファン獲得の近道だと私は考えます。

※因みに、ジャンルは違えど、コブクロはアーティストもスタッフも素晴らしいですよ。素晴らしいからこそあれだけファンも増えたんでしょうし、これからもどんどん増えていくのではないでしょうか。























私の言いたいことは以上です。
長々と失礼致しました。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

これがマイフォだ!
記事一覧(作成中)
QRコード
携帯からでも見れます。
QRコード
blogram


blogram投票ボタン
ランキング参加中!
FC2ブログランキング
ブログ内検索
あし@
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。